クレジットカードを使うなら知っておきたい、利用限度額の全貌を教えます。

クレジットカードは非常に便利な決済手段です。
現在では、多くの方がクレジットカードを保有し、色々な決済に利用しています。
しかし、そんなクレジットカードでも金額の上限なく利用できるというわけではありません。
どの会社のカードにも、利用限度額というものが存在しているのです。

 

利用限度額とは?

クレジットカードの利用限度額とは何かを勉強する人

クレジットカードに利用限度額があるというのは当然と言えば当然ですが、その詳細についてはまだ知られていない部分があります。
まず利用限度額とは何かというと、クレジットカードを使って支払いを行える上限の金額です。
まさに、読んで字のごとくです。
例えば、20万円が利用限度額であれば、20万円を超えた支払いを同一のカードで行うことはできないということになります。
ちなみに、利用限度額からすでに利用した未払い金額を引いた金額のことは利用可能残高と呼ばれています。

 

利用限度額の決まり方

さてそれでは、そんな利用限度額は一体どのように決まっているのでしょうか。
ここでまず皆さんに知っていただきたいのは、利用限度額は何らかの一律な基準で決まっているわけではないということです。
利用限度額は、カード発行時の入会審査を元にしているのです。
もっと分かりやすく言えば、利用者の信用度合いに応じて限度額が決められるということになります。
そのため、同じ会社のカードでも利用者によって利用限度額が10万円であったり30万円であったりということが起こることになります。
尚、カード会社から信用度の高い利用者だと思われるためには、以下のような点で高い評価を得る必要があります。

 

項目  雇用形態
項目  年収
項目  年齢
項目  家族構成
項目  住宅ローンの有無
項目  過去の利用履歴

 

カードのランクによっても変わる

クレジットカードの利用限度額は、利用者の信用度合いの他にカードのランクによっても変わってきます。
一般的には、ランクの低いカードからランクの高いカードになるにつれて、利用限度額も増えていきます。
以下に、ランク別の利用限度額の目安を紹介します。

 

項目 年会費無料カード:10万~50万円
項目 クラシックカード:10~50万円
項目 低年会費ゴールドカード:10~100万円
項目 ゴールドカード:30~100万円
項目 プラチナカード:100~300万円
項目 ブラックカード:300万円~800万円程度

 

利用限度額は引き上げられる

利用限度額という言葉だけを聞くと、その上限は動かないと思われがちですが、実際にはこれは引き上げることができます。
利用限度額を引き上げるには、以下の二つの方法があります。
一つは、一時的な引き上げ(期間限定で引き上げ)です。
これは、冠婚葬祭や海外旅行、引っ越しといった、一時的な高額の出費を行うための引き上げです。
そしてもう一つは、恒久的な引き上げ(基本枠の引き上げ)です。
こちらは文字通り、利用限度額を恒久的に引き上げるということを意味しています。
この二つの方法のどちらで限度額を上げるにせよ、重要なのはクレジットカードをコンスタントに利用していること、そして支払いに遅延がないことです。
この2点がクリアできていれば、かなりの確率で利用限度額を引き上げることができます。

利用限度額を上げる方法

 

ショッピング枠とは?

クレジットカードのショッピング枠を利用する人

ご存知の方も多いと思いますが、クレジットカードにはショッピング枠というものがあります。
これは、クレジットカードの利用限度額の内でショッピング(買い物)に使うことのできる枠のことを指しています。
要するに、買い物に使うことのできる限度額がショッピング枠ということになります。
ショッピング枠は全体の利用限度額と同様に、正常な取引実績を積んで行くことで増枠することができます。

割賦利用可能枠とは

キャッシング枠とは?

ショッピング枠に加えて、クレジットカードにはキャッシング枠というものがあります。
キャッシングという名前からも分かる通り、この枠はクレジットカードを使って借りられるお金の限度額のことを意味しています。
ショッピング枠が買い物に特化しているのに対し、こちらは銀行のカードローンに近い性格になっていると言うことができます。
だだ、キャッシング枠にしてもショッピング枠にしても、あくまでも1枚のクレジットカードにおける利用限度額の分類であることを忘れてはいけません。
どちらか一方の枠を使ったからと言って、もう一方の限度額が減らないということは無いのです。
例えば、ショッピング枠の上限が50万円の状況でキャッシング枠を30万円分使えば、ショッピング枠の残額は20万円になります。
要するに、両者は1枚のクレジットカードの中で密接不可分の関係にあるのです。