【経営間違い常識19】受講(治療)効果

目からうろこがたくさんありました。
全編において素晴らしく衝撃を受けました。著作ほか全て明日から勉強させていただきます。
内容がとても新鮮だった、意味の無いことを止めようと思う。
経営をシンプルにをあらためて考えなおそうと思った。
経営の生産性向上のためには、まず止める・減らす。
経営判断は理詰めで。改善ではなく、止める。余計な用事をコントロールし、やめるべき事は着手したい。
まず削ってやめること。やるべきことの精度を上げていきたいと思います。
管理業務が多いと感じる。必要性に疑問生じている。
仕事の選択と集中について考えさせられた。
理詰めなき仕事、は悪。もうけることは善。とことん追求。
経営判断は理詰めで行え!! 後継者に教える時に非常に説得力があると思う。
とにかくすべて仕事に関しては理詰めを意識します。
余計なこと(情熱・仕事・知識)に振り回されない、相手の立場に立って考える。
企業の運営の仕方が改めてわかった。これまでに会った社長の考え方を知る事が出来た。
経営者は重要で急ぎではない仕事をするべきである点。
切るところ、辞めるところを捜す、見つけ出すことから始めようと思います。

  税金を好きになるように努めようと思います。
銀行との接し方、お金はかりれる時にかりるべし。
借りられるだけ借りるが気付きでした。
貸し手の論理法。
自社の財務をみなおします、社員に好かれることをやめて少し距離をとります。
①お金は借りれる時に借りる ②急ぎでない重要な事に着手する ③尊敬される為には成功しかない
マーケットインよりプロダクトアウト 独断経営のススメ。
間違えNo18人を使う時の考え方、17.19大変参考になる。
   ※●間違え常識17:×従業員に好かれたい。
    ●間違え常識18:×衆知の経営を行いたい。
    ●間違え常識19:×能力の限界まで出世させてあげたい。
自分がバタバタしすぎていてそれを早く脱却せねば!との思いで受講しました。

  実行できることから着手していきます。ありがとうございました。

受講者のアンケートより抜粋しております。