キャッシング枠を正しく利用すれば、信用情報に傷がつくことはありません。

 

クレジットカードをお持ちの方の中には、ショッピング枠よりもキャッシング枠を頻繁に使うという方がいます。
どちらかと言うと、クレジットカードはショッピングの際に使うというイメージが強いですが、キャッシングに利用されている方も少なくありません。
そんなキャッシング枠ですが、この枠に関しては「利用すると信用情報に記載される」と一般に言われています。
ここでは、果たしてこの情報が本当なのかどうかを明らかにしていきたいと思います。

 

そもそも信用情報とは?

クレジットカードの取引で記録される信用情報

 

クレジットカードやカードローンなどを語る上で欠かせないキーワード、それがこの信用情報です。
信用情報とは、過去の信用取引の記録のことです。
では信用取引とは何かと言うと、クレジットカード(ショッピング枠)での買い物、キャッシング枠を使った借入れ、金融機関からの借入れなどということになります。
信用情報には、これらの取引の結果や現在の状況が全て記録されています。
ですから、信用情報とは個人のお金の履歴書のようなものだと言うことができます。

 

キャッシング枠の利用は信用情報に記載される?

次に今回の本題である、キャッシング枠の利用が信用情報に記載されるのかどうかということですが、上記の説明を見れば答えはもうお分かりのはずです。
そう、キャッシング枠の利用は信用情報に記載されます。
その理由も既に述べた通り、クレジットカードを使ったキャッシングが信用取引だからです。
キャッシング枠を利用することが信用取引である以上、利用状況が良くても悪くても必ず信用情報に記録されることになります。

 

キャッシング枠の利用で信用情報に傷が付く?

クレジットカードのキャッシング枠については、それを利用するだけで信用情報に傷が付くと一部で言われています。
果たして、実際のところはどうなのでしょうか?
まず、信用情報に傷が付くという言葉の意味についてですが、これは簡単に言えば信用情報に事故情報が記録されることを指しています。
事故情報には、以下のようなものがあります。

 

項目 クレジットカードやカードローンなどの返済が長期にわたって滞る
項目 自己破産などの理由によって債務整理を行う
項目 利用者本人に代わって保証会社が借入金の返済を行う(代位弁済)

 

クレジットカードのキャッシング利用で信用情報に傷がつくのかどうか疑問に思う人

そして、こうした事故情報が信用情報に記録されてしまった人は所謂ブラックリストに登録されることになってしまいます。
一度ブラックリストに登録されてしまうと、あらゆる信用取引の審査において不利になってしまいます。
例えば、新しいクレジットカードはまず作れませんし、住宅ローンや自動車ローンなども組めなくなります。
また、その他の割賦払い全般が行えなくなるということにもなります。
さてそこで問題になるのが、キャッシング枠の利用がこの事故情報に該当するのかどうかということです。
おそらく、上記の事故情報の例を見れば大方察しがついていると思いますが、キャッシング枠の利用は事故情報とはなりません。
事故情報に記録されるのは基本的に返済の遅延や延滞、債務整理などの情報ですので、キャッシング枠を正規に利用している限りは全く問題ではないのです。