利用限度額は一時的に引き上げることも可能で、審査はより簡単になります。

 

クレジットカードを使用する際には、利用限度額の枠内でショッピングやキャッシングを行うことになります。
しかし、この利用限度額は決して絶対的な制限額ではありません。
カードの利用者が限度額を上げようと思えば、カード会社もそれに対応してくれるのです。
そこで、今回は利用限度額を上げる方法について紹介していきたいと思います。

 

利用限度額を上げる方法

クレジットカードの利用限度額を上げる方法を説明する人

 

予め決まっている利用限度額を上げると言うと、どうしても「難しいのではないか」と考えがちになります。
ですが、実際にはさほど難しいことではありません。
やり方としては、クレジットカード会社に増枠の申請を行う、ただそれだけです。
カード会社のコールセンターに電話をして増枠の申請をしたら、後は審査の結果増枠が可能かどうかを待つだけです。
カード会社から信用度の高い利用者だと判断されていれば、すぐに利用限度額を上げることができます。
またそうした利用者であれば、申請をせずとも自動的に利用限度額が上がっていくということもあります。
一方で、過去に支払いの拒否や延滞を起こしている場合には、増枠には中々応じてくれません。
要するに、増枠の成否は顧客の信用度によって決まるということになります。
尚、増枠の申請は電話の他にインターネットを通じても行うことができます。
カード会員専用のサイトにログインし、管理画面上から「増枠申請」の項目を選べば、簡単に申請を行うことができます。
電話で行うにしろネットで行うにしろ、申請自体は非常に簡単です。

 

一時的に上げるのはさらに簡単

大きな買い物や海外旅行、冠婚葬祭などには、ある程度のまとまったお金が必要になります。
そんな時に、一時的に利用限度額を上げたいと考えたことのある人も多いと思いますが、これは実はやってみると意外と簡単に行えます。
やり方は、上記の方法と同じです。
例えば電話の場合、増枠したい理由と金額を伝えれば、ほぼほぼ対応してもらえます。
しかも、長期的に利用限度額を上げる場合と違って、多少信用度の低い人であっても問題なく増枠を行うことができます。
また利用実績の良い方であれば、増枠の期限が終わった後でも自動的に利用限度額が増額された状態でキープされることもあります。

 

利用限度額を下げる方法

クレジットカードの利用限度額は上げることもできますが、一方で下げることもできます。
やり方は、限度額を上げる場合とほとんど同じです。
違うのは、電話ないし会員用サイトを使って、カード会社に限度額の「引き下げ」を申請するところくらいです。
ただ、利用限度額の引き上げと引き下げでは、それが実行されるまでの期間にはある程度の違いがあります。
限度額の引き上げよりも引き下げの方が、審査が行われない分短い期間で変更が反映されるのです。

 

更新のタイミング

クレジットカードの利用限度額とは何かを勉強する人

当然のことですが、クレジットカードの利用限度額というのは更新されます。
ですので、一度利用限度額に達しても更新の時期を待てば再びカードを使うことができるということになります。
ただ一つ注意しなければならないのが、引き落とし日の直後に利用限度額が更新されるわけではないということです。
利用限度額の更新は、引き落としの完了をカード会社が確認した後になるため、引き落とし直後に再びカードを使うことはできないのです。
尚、カード会社が引き落としの確認を行うまでの時間に関しては各カード会社によって違うため、是非皆さん各自で確認してみてください。

利用限度額を超えた時の対処法