SP経営協会®及び代表略歴

■SP経営協会®とは

2017年1月1日、中小企業の円滑な企業経営を支援するための、
1.指針の提供。
2.事業体が患う疾病の予防と治療のための事業体医療体制の整備。
を目的とした、「SP経営協会」を設立しました。

◆名称

SP経営協会®


◆役員構成

代表理事 田中 英司
  理事 勝見 孝志
  理事 尾川 充広

◆所在地
大阪市中央区船場中央1-4-3-220号 船場センタービル3号館2階(株式会社GPC-Tax本部内)

◆理念
Simple&Profitableな経営指針、SP経営の普及により、中小企業の発展に寄与する。

◆活動目的
○SP経営の理念に共感し、訓練を受けた専門家によるSP経営の浸透と啓蒙を行う。
○上記のための体制・仕組みの整備を行う。

◆会員資格
別途規定により定める。

◆事務局
株式会社GPC-Taxを運営の母体、事務局とする。
別途、事業パートナーとしてパートナー事務局を設置することができる。

◆設立の背景と主旨
2017年1月1日、中小企業の円滑な企業経営を支援するための、1.指針の提供、2.事業体が患う疾病の予防と治療のための事業体医療体制の整備を目的とした、「SP経営協会」を設立しました。

『事業体が患う5大疾病』を『SP経営5大方針』の定義に則って、事業体の健康診断と疾病を予防・治療する事業体医療の仕組みを構築します。

税理士は税法をその判断の基準に置いています。弁護士の判断基準は六法です。判断基準が明確なので(それでも解釈で見解が分かれますが…)答えも明確です。
経営者の判断基準は何?これに対する解を提唱させていただきます。
当協会は、上記の解を『SP経営5大方針』と定義して、この定義から外れている状態を、事業体としての疾病状態『事業体が患う5大疾病』と認定します。
人間には病気を確認する健康診断と、病気を治療する医療の仕組みがあります。
一方、会社に同様の仕組みはありません。病気になっても気付かず、治療することもできません。そもそも会社の患う病と言う概念すらありません。企業の病と治療法について、多くの経営者に広く問いかけると同時に、事業体に対しても、健康診断と、病気を予防・治療する事業体医療の仕組みを構築いたします。

上記の指針に沿って、仕組みと体制を整備いたします。

■代表略歴 田中 英司

 

SP経営協会®代表
一般社団法人銀行融資プランナー協会 
『新・税理士』ネットワーク・株式会社GPC-Tax代表 


船井総研のコンサルタントを経て、一人起業から株式上場、その後の急成長のプロセスで様々な事業を行ってきました。コンサルタントビジネスからスタートして、WEB開発・販売、投資業(380社に100億円)、飲食業(15店舗で年商20億円)、ポイントカード事業、人材紹介事業、青果卸売事業、菓子製造業、フランチャイズ加盟店開発事業、ノンバンク事業、証券会社の設立等…まずまずの成功とその後の挫折、その総括が『SP(Simple&Profitable)経営指針5か条と5大疾病』に集約されています。

◆略歴
同志社大学工学部卒業。ダイハツ工業のエンジニアを経て船井総合研究所に転職。同社の経営コンサルタントを経て独立。その後、ビービ―ネットを設立、2002年に大阪証券取引所・ナスダック市場に上場(現ジャスダック)。時価総額300億円強、売上200億円強のグループ企業を構築。2007年11月30日に同社を辞任。
現在は税理士事務所支援、株式会社GPC-Tax代表、一般社団法人銀行融資プランナー協会代表理事に就任。関西IPOチャンスセンター事務局。SP経営協会®を設立、代表に就任。

◆役歴
大阪商工会議所1号議員、同ベンチャー振興委員会副委員長、同情報通信部会副部会長、同中堅・中小企業委員会委員、同だいしょうベンチャークラブ代表幹事&幹事、桟ネット幹事&協賛企業、大商EVEシステム審査委員、産業創造館IAG審査委員、関西を元気にする会理事(以上は2007年10月30日退任)2002年アントレプレナーオブジャパン・グロース部門セミファイナリスト、2007年第1回日中韓若手経済人コンテスト「優秀若手経済人賞」受賞

■書籍

 

『独立開業検定テキスト&講座DVD』(受験用問題付書籍)
・著者:一般社団法人銀行融資プランナー協会(正会員事務所様一覧掲載)
・定価:1,850円(税別)
・制作・販売:株式会社滋慶出版/つちや書店
・全国主要書店、アマゾン等でご購入いただけます。


 

『3年後を確実にする起業の「正解」』ー起業一歩目から資金繰りまで社長のToDoを整理する
・著者:田中英司
・定価:1,980円(税別)
・制作・販売:技術評論社
・全国主要書店、アマゾン等でご購入いただけます。